カードローンの意味とは?初心者が不安に感じる要素を徹底解決

  • ✓急にまとまったお金が必要に…
  • ✓カードローンを検討している
  • ✓どんなサービスなのか全く分からない…

カードローンとはどんなサービスなのか、使ってどんな意味をもたらすのか疑問に感じる人も少なくありません。
本当に利用しても問題ないのか不安を感じている人は、この記事でカードローンの知識を蓄えましょう。

カードローンとは

カードローンとは、個人向けの無担保ローンです。
ローンには不動産担保ローンやリバースモーゲージのように担保が必要なものと、担保不要のものがありますが、カードローンはその後者です。また、保証人も不要です。
教育ローンや自動車ローンもような目的ローンでは借り入れたお金の用途は制限されますが、カードローンで借り入れたお金の用途は原則として自由です。
また、利用限度額内で借り入れと返済を何度でも繰り返せるのも特徴で、一括融資型のフリーローンなどとはこの点で異なります。

大きく分けると2タイプ

カードローンの種類は、「銀行カードローン」「消費者金融カードローン」の概ね2種類に分類することが可能です。
銀行カードローンの特徴は、利息が比較的抑えられている点と、生活に利用する銀行口座との紐付けで、様々なサービス(利息の優遇・貸越など)が受けられるという点です。
消費者金融カードローンの特徴は、審査から融資までの一連の流れが早いという点や、各銀行のインターネットバンキング、コンビニの提携ATM等とも連携が取れているという点にあります。

借り入れに不安を感じる人も多い…

初めてお金を借り入れする人は、カードローンの利用に不安を感じている方もいるかもしれません。
しかし、カードローンの申し込み・審査・そして実際の借入までの流れ、その仕組みや利用時に注意すべきポイントについて理解しておけば、過度な心配は不要です。
カードローンは利便性の高い商品ですが、その運用は基本的なルールに則って行われており、そのルールから逸脱するようなことがなければ、生活を便利にできるツールの一つではないでしょうか。

カードローンの利用に感じる2つの不安

実際に銀行や消費者金融でローンを組んだことのない方には、カードローンの利用に不安がある方も少なくないでしょう。
金融機関からお金を借りるという経験は、それほど経験として多いものではなく、また時期的に早くから経験する――というものでもないでしょう。
主に、カードローンの初心者が不安に感じる要素は2つあると言われています。利息に対する不安と、借り入れた後のトラブルに対する不安です。

不安1|高額な利息を請求されそう…

カードローンの利息は高いという先入観を持っている方が大半かもしれませんが、実際にかかる利息を計算してみると、それほど高額な利息にはならないと理解できるでしょう。

基本的な利息の計算方法
✓借入額 × 金利 ÷ 365 × 借入日数 = 利息

借入額を10万円、金利を18.0%、借入日数(返済までかかる日数)を30日とした場合、以下のような計算になります。

100,000円×0.18÷365×30日=1479.45

小数点以下は切り捨てになるため、支払う利息は1,479円です。

不安2|きちんと返済できるのか…

もう一つ、カードローンの利用に際して想像される不安として、返済できずにトラブルになってしまうということをお考えの方もいることでしょう。
カードローンの返済は、基本的には「リボルビング払い」に準じた形態を取ることが多いです。
例えば10万円を借り入れたとして、それを1ヶ月後に全額と利息を返済しなければならないということはありません。
1ヶ月スパンの返済における最低額は一定以上の元本と利息の返済であるため、10万円の借り入れであっても月々の返済は数千円であり、大きなトラブルになることはほとんど無いでしょう。

不安を解消した人はカードローンに申し込んでみよう!

以上、利息や返済面での不安要素について述べてきました。
一般的に懸念されている不安については、実際に調べてみるとそれほど大きなリスクではないことがわかります。
実際に不安が解消しカードローンを申し込んでみようという方に、申し込みから借り入れまでの流れを説明していきます。
この流れを把握することと、要所における確認や準備をすることによって、カードローンの利用はスムーズに進むことでしょう。

必要書類を用意

カードローンの申し込みにおいては書類が必要になるので、前もって準備をしておくことによってスムーズに手続きが進みます。
書類と言っても、役所に取りに行ったりするような難しい書類が必要なわけではありません。
一般的に必要な書類を下記に記していきます。
・本人確認書類(現住所の記載のあるもの)
運転免許証が一番利用されているように思いますが、現住所の記載があれば社会保険証などでも代用が可能です。
・年収証明書類
源泉徴収票や2ヶ月分の給与明細などが該当しますが、必ずしも必要という訳ではありません。一定額以上の借り入れを申し込んだ場合に、提出を求められる可能性があります。

インターネット申し込み

カードローンの申込方法は様々ありますが、最近は公式サイトや公式アプリからのインターネットを活用した申し込みが主流となっています。
ネット申し込み最大の利点は、家にいながらにして24時間365日の申込に対応しているという点です。
申込に際して必要事項を入力していくのですが、郵送や窓口での申込では、記入する手間や書類をコピーする手間、また店頭まで赴く手間がかかります。
ネット申し込みではこれらの手間を全てクリアできるので、今では多くの方がこのネット申し込みを利用しているようです。

審査を受ける

ネット申し込みで必要事項を入力、必要書類のアップロードなどを終えた後は、審査が行われます。カードローンの利用には必ずこの審査に通る必要があり、否決された場合は融資が行われなくなります。
審査において重要視されるのは、安定した収入です。また、信用情報といった属性も調査されます。
こう書くとハードルが高い印象を持たれるかもしれませんが、実際は額の高低に関わらず安定した収入があり、クレジット代金や携帯割賦料金などを遅延なく支払っていれば大きな問題はありません。

契約後にカード発行

審査を通過し、契約内容(利率・契約限度額等)の通知と確認がなされれば、手続きは完了となります。
ネット申し込みの場合、ローンカードは手続き完了後に郵送で送られてきますので、手元に届き次第利用が可能となります。
申込時にお急ぎである旨などを伝えると、ローンカードを近くの無人契約機で発行することも可能です。無人契約機まで向かう手間はありますが、郵送よりは早くカードを手にすることが出来るので、お急ぎの場合などは検討してみても良いでしょう。

キャッシング開始

ローンカードが手元に届いたら、そのカードを使って借入先金融機関ATMや、コンビニの提携ATMでお金を借り入れることが出来ます。
ATMの種類によっては手数料などがかかる場合もありますので、実際に借り入れる際は調べておくのをおすすめします。
また昨今では、公式サイト上のアカウントのページから、指定する自分の銀行口座に直接振り込んで融資を行ってもらうことも可能となっており、用途に応じて使い分けるのがベストでしょう。
カードローン初心者におすすめなのはこちら!

  • ✓返済方法や利息の不安はなくなった!
  • ✓申し込みからの流れもバッチリ!
  • ✓あとはどのカードローンを選ぶか…

カードローンの基本的な知識がついたら、理想的な借入先をさっそく選んでみましょう。
初めて利用する人の多くは「たくさんありすぎてどれにすればいいか分からない…」と悩むものですが、各カードローンの特徴を確認して、自身の状況にマッチングした商品を選んでみてください。

全国に140万人の利用者がいる「アコム」

初めてのカードローン選びに迷ったときは、各金融機関の利用者数に目を向けてみるのもおすすめです。
幅広い層に利用されているということは、それだけ良好な実績があると判断できます。140万人に選ばれている「アコム」は、知名度も高いので初めての人におすすめです。

誰にもバレたくないなら「プロミス」

知名度の高いカードローンといえば、TVCMでおなじみの大手消費者金融「プロミス」も挙げられます。
初めての人が不安に感じる周囲の目も、手持ちのスマホや自宅のPCを使ってインターネット上で借り入れまでが行える「WEB完結」を利用すれば安心です。
三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要になるので、条件をクリアしている人はぜひ検討してみてください。

まとめ

カードローンは仕組みを把握し、ルールと節度を守って利用することによって、人生の幅が広がる便利なツールです。
実際に必要かどうかをよく考えた上で、自分のニーズに合った金融機関を利用するのをおすすめします。

在籍確認なしで借りれるカードローンはある?|面倒な電話を回避する方法

  • ✓在籍確認なしで借りれるカードローンはある?
  • ✓在籍確認でバレることはあるの?
  • ✓在籍確認の電話を回避したい!

カードローンに申込みをする際に、在籍確認を不安に思う人は多くいます。
「同僚にバレたら…」というような不安から、カードローンの利用を躊躇っている人もいるのではないでしょうか。
この記事では、在籍確認がなぜ行われるのか。どうしたら職場への電話を回避できるのか、紹介します。

在籍確認なしで借りれるカードローンはない!

カードローンを申し込む際、敬遠されがちな在籍確認の電話。
基本的に在籍確認なしで借りられるカードローンはありませんが、電話が来て会社の誰かに知られるのを恐れる人や、噂になったらどうしようと不安な気持ちになり、申し込みを諦める人もいるそうです。
ただひとつ知っていてほしいのが電話以外の方法もあるという点です。在籍確認自体は残念ながら必須事項なので回避することはできません。
また、在籍確認がないカード会社があったら逆に疑ってください。なぜならそこは闇金融だからです。

在籍確認は勤務実態を把握するために行われる

そもそもなぜ在籍確認があるかというと、その理由は単純です。融資をする人の勤務実態を把握するためです。
確認がないと嘘がつけるので返済能力のない人にも融資してしまうといったリスクが起こり得ます。また最近では詐欺目的で申し込みをしてくる人がいるため未然に防ぐための手段でもあります。
貸す側からしてみれば当然の事ですが、相手の信頼性や安定した収入があるかなど、これら確認のために行っています。

会社への電話連絡が一般的な方法

一般的に在籍確認はお勤め先への電話連絡で行われます。これは時間がかからず、手っ取り早く確実にできるのが理由です。
ただ別のやり方もあるのは意外に知られていません。書類提出によって取れる在籍確認もあります。
ただしこれには時間がかかるため、融資までの期間も長引くことになります。よって多くのカード会社では電話連絡以外での確認は受け付けないことが多いのです。
またカード会社によっては、申し込み時は書類提出でよいといいつつ、後になって電話確認が必要です…といったケースもあります。

在籍確認の電話で同僚にバレるケースはほとんど無い理由

在籍確認の電話が原因で会社や同僚にバレる心配はまずありません。なぜかというと、カード会社も電話連絡の際に色々と配慮をしてくれるためです。
よくある在籍確認での不安要素

  1. 電話に出るまでしつこくかかってきそう
  2. 社名を名乗られることで一発でバレそう
  3. 長々と会話をさせられることで会社の人に勘づかれそう

このような心配があっても下記を参照すれば不安を取り除くことができます。カード会社側も、よく考慮された方法での確認を心がけています。

理由1:本人が電話に出る必要がない

勤務先へ確認の電話がかかってきた場合、本人が電話に出る必要はありません。あくまで在籍しているかどうかの確認なので別の誰かが電話に出ても構わないのです。
「今、席を外しています」「今日は休日なのでいません」といった風にその会社に在籍していることの確認が取れれば問題ありません。
もしも自分で出る方が都合がよいのであれば予めカード会社の担当者と相談をして時間を決めておくこともできます。それくらいの配慮はしてくれるところが多いので安心してください。

理由2:カードローンと名乗ることがない

カード会社では在籍確認の電話でカード会社であることを名乗ることはありません。自分の個人名を名乗った上で「〇〇と言いますが、〇〇さんはいますか?」と電話をかけてきます。
このように会社名や金融機関名を名乗らないで担当者の個人名でかけてくるのが一般的です。
もしも勤務先の誰かが要件を尋ねたとしても「携帯にかけたけど繋がらなかったので…」と配慮のできた対応をしてくれます。担当者によって口調も異なりますが、カード会社だとバレることはありません。

理由3:電話自体は1分~2分で終わる

在籍確認の電話に出た場合、カード会社では本人以外の人が電話に出たときに社名は名乗りませんが、本人がでたときは「〇〇(社名)です。このたびはお申込みありがとうございました。確認のためお電話いたしました。確認が取れましたので以上になります。」と在籍確認が取れた旨を伝えます。
これで電話確認は終わりです。時間でいうと1~2分程度でしょうか。
質問することもなく長々と会話をすることもありませんので、勤務先に怪しまれることはないでしょう。

在籍確認に関する注意点

在籍確認の注意点として以下に当てはまる人は参考にしてください。
派遣会社に登録をしていてカードローンの申し込みをする人には、まだ登録して日が浅いという人が多いそうです。それゆえ審査や在籍確認に不安がある人も多い様子。
「派遣先に電話がかかってきたらどうしよう、別の派遣先に電話がきたらどうしよう。」そんな不安があるかも知れません。
また電話は申告をした番号にカード会社が必ず確認のためにかけるので嘘をつくのはNGです。

派遣社員の場合は、登録先に電話がいく

派遣会社に勤務する人の場合、在籍確認は派遣先か、派遣元か?と疑問を感じる人もいると思います。
一般的に電話がいくのは派遣元の会社です。
派遣先への連絡だと、勤務先の変更がよくあるので確認が取れにくく時間もかかってしまいます。
最近は派遣会社で働く人が増えているため、この様なケースでの対応もカード会社は心得ています。
また私用電話が禁止のところもありますが、この場合は給料明細など書類による提出確認をしてくれるので安心してください。

嘘の内容を申告すると審査落ち

在籍確認の電話がイヤだからといって嘘の番号を申告してはいけません。
適当な考えで、前に働いていた職場の番号や退職したばかりの会社の番号を教える人もいるそうですが、結局ばれますし嘘が原因で審査に落ちます。
また申告された部署が違ったりするのもよくありません。
在籍確認に限らず信用に関わることなので常に正直であるように心がけてください。
たまたま単なる番号間違いといったケースもあるので今の自分の職場の電話番号はしっかり確認しておくようにしてください。
そして相手側にも正しく伝えるよう努めましょう。

面倒な電話を回避する方法

「在籍確認の流れは解ったけどやっぱり不安」
「できることなら電話での在籍確認は避けたい」
おそらく、そんな風に感じている人もたくさんいることでしょう。紹介した通り、カードローンは在籍確認なしで利用することはできません。
では、どうしても在籍確認が不安な場合に、何かできる方法はないのでしょうか。

電話連絡は相談すれば回避できる可能性もある

普段、自分宛ての電話が掛かってくることのない仕事をされている人は、在籍確認の電話はどうしても避けたいでしょう。
アコムやプロミスといった大手消費者金融は、相談すれば電話連絡を別の方法に変えてくれる可能性があります。
申し込みをした後は、申し込み確認の電話があるので、そのタイミングで相談してみましょう。

まとめ

在籍確認は審査の一環として必要不可欠な項目です。多くのカード会社では、仮に在籍確認なしを謳っていても後々必要になるケースが殆どです。
これは公式HPなどで確認できますが「場合によっては必要に…」といった注意書きなどで記載されています。つまり、何らかの理由をつけて結局は確認に踏み込む姿勢がみられるのです。
申し込みをしてしまってからでは どうにもできずに従うしかない状況になってしまいます。どうしても電話がNGだという人は、SMBCモビットのWEB完結を利用してみてください。

低金利のカードローンの特徴と返済で注意するべきポイント

  • ✓カードローンってどれが良いの?
  • ✓ちゃんと返済できるだろうか…
  • ✓とりあえず低金利なら安心だよね

カードローンを利用するとなれば、どうしても気になるのが金利ですよね。特に返済に対して不安を感じている人は、金利でカードローンを選びがちです。
しかし、低金利カードローンには落とし穴が潜んでいることをご存知ですか?

カードローンの金利は上限利率を比較しよう

■金利:3.0~18.0%

低金利カードローンを探しているなら、こういった記載をよく見かけるはずです。では、そのカードローンなら3.0%という超低金利で借りられるのでしょうか?
もちろん、そうではありません。カードローンというのは、初回は上限金利が適用されるものなのです。
つまり、安い利息で借りられるカードローンを探している時は、上限金利を比較する必要があります。

低金利カードローンは審査が非常に厳しい

実は、低金利カードローンにはとにかく審査が厳しいというデメリットがあります。
特に上限利率が15.0%を下回るカードローンは、いくら低金利で魅力的でも簡単には審査に通過できません。
金利を比較すれば、そのカードローンの審査難易度もわかります。要するに、低金利であればあるほど、そのカードローンは簡単に利用できないということです。

金利が低い=踏み倒された時のリスクが大きい

低金利カードローンの審査が厳しいのは、踏み倒しリスクを少しでも回避するためです。
低金利ということは、一般カードローンよりも利息が安いということ。つまり、低金利カードローンは利用者が多くても、大きな利益を得ることができません。
利益が少ないということは、それだけ踏み倒された時のダメージが大きいという意味でもあります。そのため、低金利カードローンは審査を厳しくせざるを得ないのです。

収入が安定していても審査落ち、そんな人は珍しくない

どんなカードローンであっても、収入が安定していることは審査通過の条件です。継続的な返済ができない人は、踏み倒しのリスクが全くないとも言い切れません。
しかし、低金利カードローンの審査に通過するには、収入が安定しているだけでは不十分です。
少なくとも1年以上の勤続期間は必要ですし、年収も平均を大きく下回ってはいけません。
雇用形態は「アルバイト・パートも可」とされていますが、社員でなければ審査通過率が下がります。

審査に通過できれば確かに安い利息で借りられる

とはいえ、低金利カードローンは利息が安いということに違いはありません。審査が厳しい分、実際にキャッシングしたときの合計利息は、お得になります。
ちなみに、カードローンの一般的な金利は18.0%です。15.0%以下になった時点で低金利カードローンと呼ばれますが、具体的にはどのくらい利息が安くなるのでしょうか。

利息を出す計算式とは

カードローンの利息を算出する計算式をご存知でしょうか?キャッシングした金額に金利を掛け合わせれば良いというわけではなく、少し複雑な計算をしなくてはいけません。
まずは、金利をもとに利息を導き出す計算式を見てみましょう。

利息計算式
■初回返済時
利息=借入金額×金利÷365日×利用日数
■2回目返済以降
元金×金利÷365日×利用日数=利息

なぜ、このように複雑な計算式が必要なのか。それは、利息は日割りで加算されていくものだからです。
なお、金利は「借入金額に対して1年間で発生する利息の割合」を示すため、正式には実質年率と呼ばれます。

一般カードローンと利息を比較してみた

さて、上記の計算式をもとに、低金利カードローンと一般カードローンの利息を比較してみましょう。
今回は、10万円借りて毎月1万円ずつ返済するという条件で比較します。

利息を比較
■条件
借入金額:10万円
返済金額:毎月1万円
■金利18.0%の場合
返済期間:11ヶ月
合計返済:10万9,158円
合計利息:9,158円
■金利15.0%の場合
返済期間:11ヶ月
合計返済:10万7,497円
合計利息:7,497円
■金利3.0%の場合
返済期間:11ヶ月
合計返済:10万1,395円
合計利息:1,395円

いかがでしょうか。低金利なカードローンほど、明らかに利息が安いことがわかります。
どんなカードローンでも、3.0という超低金利で借りられることはほとんどありませんが、それだけに利用できた時のインパクトは大きいのです。

低金利カードローン最大の落とし穴!実は返済額が高い

さて、一見して金銭的な負担が軽く思える低金利カードローン。確かに利息は安いのですが、実際の返済は簡単じゃありません。
これこそが、低金利カードローンに潜むもうひとつのデメリット。
低金利なカードローンというのは、毎月の返済額は高く設定されがちなのです。

毎月最低でも1万円は必要

例として、低金利カードローン一覧でも紹介した楽天銀行スーパーローンを見てみましょう。
上限金利14.5%は非常に魅力的ですが、いくら少額の借入であっても毎月最低1万円は返済しなくてはいけません。
もちろん、利用額が増えれば増えるほど、返済額の負担も大きくなっていきます。

返済額が安い低金利カードローンは段違いに審査が厳しい

確かに、低金利カードローンの中にも毎月の返済額が安いものはあります。
しかし、そういった低金利カードローンは審査がより厳しく設定されています。
負担が少ないカードローンというのは、その分審査を厳しくしており、限られた人しか利用できないようになっているのです。

借りられたとしても少額

審査に通過できたとしても、低金利カードローンの限度額が最初から高額になることはありません。
初めての利用であれば、30万円の枠がついたら良い方だと思いましょう。これも、踏み倒しのリスクを少しでも減らすための対応です。
そもそもカードローンは、貸し手から信頼を得られるかどうかで審査結果が変わってきます。通過できたとしても、取引をしたことがない相手を手放しで信用するほど、低金利カードローンは甘くありません。

実績を作れば低金利カードローンも使えるように

金利について妥協し、カードローンを選ぶことは、決してマイナスではありません。
むしろ、借り入れと返済を繰り返してキャッシングの利用実績を作れば、低金利カードローンの審査にも有利になります。
というのも、低金利カードローンの審査では他社での借入・返済状況も確認されており、実績がある人はそうでない人より信用を得やすいからです。

まとめ

「低金利」という特徴は、カードローンを選ぶうえでは最大の魅力に感じるものです。しかし、低金利=借りやすくて返済し易いというわけではありません。
そもそも審査が非常に厳しく、通過できたとしてもまとまったお金を用意してくれる保証がないです。
また、毎月の返済も負担はある程度大きくなると思いましょう。
本当に返済のしやすさを重視するなら、毎月の返済額に注目してみてください。金利については妥協が必要ですが、使い勝手は低金利カードローンにも勝ります。

多くの人に選ばれているカードローンサービスは「アコム」「アイフル」「プロミス」などです。ご自身の状況をよくよく考えて利用をp検討してみてください。

カードローンの在籍確認で職場の同僚にバレずにお金を借り入れる方法

カードローンでお金を借り入れる際にはすべて審査が行われます。消費者金融では現在、申し込み手続きはWeb上でほぼ完結するところが多くなっています。

それでも「在籍確認」という、あなたが登録した勤務先に本当に働いているのかどうかを確認する電話による審査は行われます。他人に内緒でお金を借りたいのに、たった一本の電話から同僚にバレる危険性もあるわけで、神経質になるのも無理がないことかもしれません。

在籍確認の電話に、同僚から「いまの誰?」という眼差しが向けられるかもしれません。それで、あせってしまっては、雰囲気や表情からお金をキャッシングしたことを読み取られかねません。上手な「言い訳」や、周囲にバレないようにお金を借り入れる方法を考えてみたいと思います。

一般的な在籍確認とはどんなものか

在籍確認とは、登録した職場と一致するか、本人が実際に在籍しているか、を確認するために、カードローンの保証会社、クレジットカード会社などが行うものです。実際に電話をかけてくるのが一般的となっています。

カードローンでお金を借り入れることを他人に積極的に知らせたいという方は多くはないため、初めての方にとっては、周囲に知られてしまう可能性を考えると、不安に思われるかもしれません。ただ、必要以上に意識するには及びません。

あなたの都合は配慮してくれる

だからといって、多忙な時や、見境なく電話をかけてくるということはありません。あらかじめ電話に出やすい時間や、あなたのデスクのダイヤルインの番号などを伝えておいてもいいかもしれません。

カードローン会社の担当者の電話も、会社名を名乗らずに単に「○○です」というふうに個人名で電話をしてきます。どこの「○○さん」かわからないので、一応の配慮はなされているのです。

あなたが働いていることさえわかれば良い

仮に在籍確認の電話に対して、あなたが不在で他の誰かが出たとします。単に「○○です」と名乗り、あなたがいるかどうかをたずねます。そして、同僚は「席をはずしております」という返答をしたとします。

それで、あなたがそこで働いていることが証明されましたので、在籍確認は終了です。

知らない方は不安に思うかもしれませんが、随分とアッサリしたものです。それ以上のことは何も聞いてこないのです。

ベストな言い訳を考えてみよう

プライベートの金銭に関することにとても厳しい職場があったり、また、詮索好きな同僚がいる職場など、みなさんそれぞれ事情が異なっています。

いくら在籍確認とわからないように電話がかかってきても、勘ぐる人は必ずいます。それがどうしても不安、という方のために上手な言い訳を考えてみましょう。

知らない人だと言い切る

間違い電話や、無関係の人から電話が掛かってくることもないわけではありません。同僚から聞かれても「聞いたことない名前だな」「知らないな」「誰だいったい」などと知らぬ存ぜぬを貫き通せばいいでしょう。

さすがに噂好きな同僚でさえも、それ以上の追求をしてくることは難しく、この話題はこれで終了するでしょう。

クレジットカードの在籍確認だと言い張る

クレジットカード会社が在籍確認の電話をしてくることは、割と知られています。その際はカード会社でも会社名を出さずに単に「○○です」というふうにだけ名乗ることもあります(もちろん、社名を名乗ることもあります)。

あなたは堂々と「クレジットカードの在籍確認の電話だった」と言い張れば、何ら詮索される隙を与えないでしょう。

営業電話だと迷惑そうにしてみる

最近は名刺を交換した人に対して見境なく営業電話をかけてくるしつこい業者がいます。あるいは、どこで個人情報を知られたかわからないところからの営業を受けた経験をした方もいらっしゃるでしょう。

特に投資用の新築ワンルームマンションなどしつこい業者も多く、営業電話ということにしておけば、周囲からも共感や同情を得られて、それ以上の追求はないでしょう。

在籍確認の電話があっても落ちる人

初めての方にとっても在籍確認の電話自体は、何ら不安に思うようなものではないということはおわかりいただけたでしょう。

この在籍確認の電話は、あなたの今後の返済能力を知る意味でも審査でも重要な位置を占めています。

もちろん審査に落ちる人はいますが、それはどのような人でしょう。

書類提出と話し合い次第で在籍確認なし?

100%確実とまでは言い切れませんが、在籍確認の電話連絡なしで審査できる場合もあります。たとえば、土日祝日に在籍確認をすると
した場合に、あなたの職場が休業で誰も電話に出れないということも十分ありえます。担当者にその事情を話した上で、必要書類を提出することで電話の代わりとしてくれることもあるのです。

その場合は、健康保険証(社名入り)、直近の給与明細書、源泉徴収票が必要など、会社に在籍していることがわかる書類を提出することになります。

【まとめ】在籍確認の電話は簡単にやり過ごせる

カードローンの在籍確認電話は必要以上に、神経質になることはありません。

消費者金融は、あなたの職場の同僚にバレないような配慮をしてくれる上に、ここで紹介した、カード会社の在籍確認、あるいは、営業電話などとサラリと言ってしまえば、同僚から何ら怪しまれることもないでしょう。

電話すら嫌だという方にとっては、必要書類を用意することで、在籍確認電話をしてこない消費者金融会社があることも紹介させていただきました。今回、お話したいずれかの方法を使えば、在籍確認は恐れるに足らずです。

収入証明不要でキャッシングできる人とできない人

収入証明書ってどうしても提出しなきゃいけないの…?
わざわざ源泉徴収票用意するの面倒…
できるだけ早く借入したいんだけど…

皆さんは「収入証明書」が必要だと聞いて、そんなことを感じたことはないでしょうか。カードローンの申し込みでも貸付額が一定以上の場合は、提出が義務付けられています。

その基準は消費者金融、銀行でそれぞれ異なっています。申し込みの際にはその基準に従って提出をしなければいけませんが、その基準とはどのようになっているのでしょうか。

その基準の説明とともに、面倒に感じるユーザーの皆さんの手間を思って、できるだけ提出しないで申し込みができる方法もご紹介したいと思います。

そもそも収入証明書は何のために?【必要書類一覧を確認】

収入証明書類とは、あなた個人の収入を公に対して正確に説明ができるものです。証拠能力が高い書類ですので、返済能力はほぼ確実に計れるのです。

カードローン会社としてはできれば提出して欲しいのが本音ですが、ユーザーの皆さんにとっては請求の手間が生じるだけに…。

まずは収入証明書の一覧を確認しましょう。

キャッシングの必要書類
【収入証明書】
✓直近3ヶ月分の給与明細


✓源泉徴収票


✓住民税決定通知書類


✓確定申告書


✓所得証明書


✓給与明細書(直近2ヵ月分)


収入証明書の目的⇒「収入確認」

カードローンの審査は反社会的勢力でなかったり信用情報に問題がない方であれば、大事なことは返済能力が有るか無いかです。

収入証明書類を見れば直近の収入はわかるので、できれば提出はしていただきたいはずです。ただ、顧客満足からすれば手間が
掛かるために少額であれば現状では、必要ありません。

証明書不要でも正確な申告を

収入証明書類はそれだけ効力があるわけですが、不要とは言っても、ウソの年収を申告は絶対にしてはいけません。

勤務先や役職、在籍年数などで、これまで蓄積された膨大なデータから年収はほぼわかります。そのために、絶対にバレてしまうのです。

信用できない人物だとして審査結果は不合格になります。

消費者金融と銀行!収入証明書の提出条件の違い

収入証明の提出基準は、消費者金融と銀行でまったく異なっています。消費者金融は法律の縛りによって義務付けられており、全社横並びです。

一方で、銀行は縛りがないために各行が自主的にサービス競争をしており、銀行ごとに違います。

消費者金融は50万円以上で提出

借り入れ希望額が50万円に届くか届かないかで、違います。

これは貸金業法で定められているもので、年収の3分の1を超えた貸付はしてはならないという総量規制があるためです。

50万円を超えるか、もしくは複数の貸金業者からの借り入れが100万円を超える場合は、提出が義務付けられています。

銀行は100万円以上で提出

消費者金融に対して、銀行法が管轄する銀行には貸金業法は関係がないために、提出か不要かは各行が自主的に判断をしています。

収入証明の不要な基準は、おおむね100万円から300万円くらいの範囲に納まっているようです。

収入証明書不要を基準に申し込み先を考えると

ハッキリ言って、収入証明書類は請求が手間だということはよくわかります。
皆さんやはり手軽にキャッシングしたいに決まっていますから、できれば不要な方法 をご案内したいと思います。

消費者金融で50万円未満の少額借り入れを基本に考えながら、銀行でご自身の条件に合うものを選ぶと良いでしょう。

もちろん、即日借入を確実にしようという点でも消費者金融は有利ですので、その要素を優先するならば、借入額が少額なら消費者金融を選びたいところです。

収入証明が「不要になる専業主婦」「不要にならない個人事業主」

収入証明が不要かどうかは借り入れ希望額で決められています。

ただ、属性によって提出義務の有無が決まる人もいるので、その点を最後に整理しておきます。

自営業者や会社社長

少額の借り入れの場合でも提出が求められます。

世間的な目で見れば職業柄かなりの富裕層の方もいらっしゃいますから意外と受け止められるかもしれませんが、役員報酬は自分で自由に決められるも同然なので客観的に特定することが難しいからです。また、用途が個人のものか法人のものかは厳しく聞かれます。

専業主婦

専業主婦の方は収入がないので、大手消費者金融各社ではそもそも申し込みを扱いません。

消去法で銀行に申し込むほかありません。 返済能力はご主人の収入がベースになりますが、収入証明が不要です。そのかわり借入額は少額に制限されているようです。

【まとめ】収入証明不要で選ぶならまずは銀行へ

収入証明書類が不要かどうかで申し込み先を考える方がいるならば、まずは銀行を選ぶべきでしょう。

不要の限度額が100万円以上のところも多く、借入も希望額も多くできます。
また低金利である点も銀行を選ぶ要素になります。

ただし、どうしても即日で融資を受けたい場合は消費者金融に申し込まざるを得ませんので、50万円未満ならば収入証明は不要なので、その場合は有力な候補になります。

自営業者や会社社長の方は少額でも提出を求められますので、ご注意を。

カードローンの審査基準と通過できなかった時の対処法

急にまとまったお金が必要になったとき、カードローンを使って乗り切ろうと考える人は少なくありません。

しかし、申込者の中には原因が何なのかもわからずに審査落ちしてしまうケースがあることをご存知でしょうか?

カードローンでまさかの審査落ち…

カードローンを利用したい状況とは、一体どんなときでしょうか?

・急な病気やケガでまとまった医療費が必要
・自宅の急な雨漏りの修繕をしたいけど費用が足りない
・通勤に使用している車の修理を急いでいるが修理費用がない

どれも、急にお金が必要だとよく聞かれるケースです。しかし、急いでお金を準備したいのにお申し込み後、審査に落ちてしまうケースもあります。

お金が必要なのに、お借入れできないという状況はどうにかしたいものです。

この理由は、例えば申込者に他の借入があり、そのことが申込書に記入されていなければ嘘の記載があったことが理由となりますが、申込者に直接嘘つきだからと伝えられませんよね。

他にも年収の記載があまりにも多かったり、過去に延滞した記録が多かったりと信用面に落ち度がある場合でもそれを直接申込者に伝えることはトラブルの原因になるため、自主的に禁じています。

以上のことから、残念ながら具体的な理由を知ることはできませんが、断られた場合は日頃のお金の使い方を見直す良い機会としましょう。

誰でも審査に通る訳ではない

カードローンは利便性の高いローンですが、審査を通過しなければご利用いただけません。審査ではお申し込み者の年収や他社お借入れ状況など、返済能力などを審査します。

これはどのようなカードローンでも厳正に行うものなので、「急いでいる」「どうしても必要」などといった理由のみでお借入れはできないのです。

カードローンをご利用になるなら、まずは審査を通過できるよう書類や申込手順をふまえましょう。

カードローンの審査基準を正確に把握するのは難しい

カードローンの審査を通過するためには、審査基準を知っておけばいいのでは?とお考えになる方もいらっしゃるかと思います。しかし、一般的にカードローン会社は審査基準をあきらかにはしていません。

そのため、審査基準を調べてクリアしようと考えていても、審査基準を正確に知ることはできません。調べても出てきませんし、お問い合わせをしても教えてくれませんのでご理解ください。

スコアリングシステムで自動審査される

カードローンの審査には、スコアリングシステムが採用されています。

具体的には、現在の年収に対する借入希望額の割合や、既存の借入金額に対する返済余力などの項目を点数化(スコアリング)していき、それらの合計点が何点以上であればいくらまで貸すことが可能と判断しています。

基本的には申込書の内容全てが審査を行ううえでの重要な情報となっているため、本人確認資料や収入証明書の内容とを突合させた際に異なる場合は点数に信用性がないので断られる可能性があるので注意してください。

さまざまなデータから集計して作られていますが、カードローン会社によってもスコアリングの内容は異なります。

あくまでも申し込み時に記入・入力した情報を基に総合点数で判断するため、審査に落ちてしまった理由をカードローン会社へ問い合わせしても、確認するのは難しいのです。

カードローンで審査落ちする5つの原因

カードローンを利用したいのに、審査に落ちた理由を教えてくれなかったら改善しようがない…とあきらめないでください。

確かに審査基準をクリアしたくても、審査基準は公表されていないので落ちた原因を知ることはできません。

問い合わせを教えてくれませんが、審査落ちする理由は5つに絞り込むことができます。順番にご説明しましょう。

審査落ちする原因1|申し込みに虚偽があった

カードローンの審査に落ちてしまう原因のひとつに、申し込み内容に虚偽があると審査落ちになります。

本人がウソをついているつもりがなく、安易に年収を書いていたり、少額だからと他社借入金を書いていなかったりしてもそれは「虚偽」と判断されてしまいます。

カードローンの審査に落ちたくないのであれば、申し込み時の本人情報は正しく記入しましょう。

審査落ちする原因2|収入が安定していない

申し込み時の本人情報を正確に記入したのに、審査に落ちてしまった!という声も聞かれます。これは、ご自身の年収に対して返済の負担が大きいお借入れ金額を記入したためと考えられます。

カードローンはパート・アルバイトの方へもご融資が可能ですが、年収よりも安定した収入を得ていることが重視されます。そのため、高い年収よりも収入の安定性をカードローンの審査では重視しているのです。

審査落ちする原因3|他社借入の利用状況が悪い

カードローンの審査では、他社からのお借入れ金額も審査していますが、返済状況もチェックしています。

そのため、月々の返済額の遅延や未払いなど返済状況に問題があると個人信用情報に大きなキズがついてしまいます。

そうなってしまうとカードローンの審査だけでなく、他の融資を受けるときにも大きなデメリットとなりますのでご注意ください。

審査落ちする原因4|複数申し込みしすぎた

どうしてもお金が必要なために、複数のカードローン会社にお申し込みされる方もいらっしゃると思いますが、複数のカードローン会社へ同時にお申し込みすると「申し込みブラック」とみなされる可能性があります。

複数社へお申し込みしていると、お金にとても困っている状況がわかりますが、同時にきちんと返済してもらえるのか?という問題も出てくるのです。

また、カードローン会社によっては「多重申し込み」された方へは融資をお断りしていることもあります。どんなにお困りであっても複数社へのお申し込みは避けましょう。

審査落ちする原因5|過去にお金のトラブルがあった

カードローンの審査では、所得や勤務先、返済能力など現在の状況だけでなく、お申し込み前の金融トラブルについても審査をおこないます。

信用情報から過去に行ったお金の取引内容を確認されるのです。もし、過去に金融トラブルがあると「ブラック」と呼ばれ、返済に対する姿勢に問題があるとしてカードローンの審査落ちになることもあります。

どうしてもお金が必要な人は…

審査落ちしたものの、どうしてもお金が必要…そんな人も、諦めるのはまだ早いです。そんなときは、申し込んだカードローンだけでなく、他の選択肢も検討してみましょう。

アコムやプロミスなどの大手消費者金融などのように、利便性に特化したカードローンも選択肢として追加してみてください。

成約率の高いカードローンがおすすめ

予想外の審査落ちで不安を感じている人は、成約率の高さに着目してみるのをおすすめします。

数あるカードローンの中でも高い成約率を誇るのが、TVCMでもおなじみのアコムです。

審査スピードにも定評があるので、申し込んだその日に融資してもらうこともできます。

他のカードローンで審査落ちして自信がない…そんな人は、ぜひアコムを検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

カードローンは必要なときにすぐに借りられるという便利な面に注目しがちですが、便利な反面、きちんと審査もおこなっています。

審査落ちしてしまった人はカードローンの審査基準についても、おわかりいただけましたでしょうか。

必要なときに利用するためにも、こちらでご紹介したカードローンの審査落ちする5つの原因をご自身で一度振り返るなど適切な対処法をご検討ください。

専業主婦でも内緒で即日借り入れしたい人の欲求の満たし方

今月の家計が厳しい…
子どもの塾代どうしよう…
旦那に飲み会代渡さなきゃ…
また貯金を削らなきゃいけない…

家計を管理している専業主婦には、こうしたお金の悩みが毎月のようにやってきます。空いた時間に働きに出るという解決策もあるでしょうが、子供が小さい家庭ではそうもいきませんよね。
また、こうした状況では、自分へのご褒美だって買ってあげられないでしょう。こうした専業主婦の中には、カードローンを上手く活用している人もいます。

どれくらいの専業主婦がカードローンを使っているの?

専業主婦って当たり前ですけど、収入がないですよね?そんな状況で実際にお金を借りている人っているのでしょうか?

意外に思われるかもしれまんが、専業主婦は3番目にカードローンを借りているのです。

やっぱり専業主婦はお金に困っている

専業主婦で、お金に困っている人はたくさんいます。生活費を担保したい!趣味を充実させたい!など、やっぱり専業主婦だからこそ、思うところってたくさんありますよね?

もちろん、お金を借りずに済むのであれば、それに越したことはないですが、働くことができない以上、場合によってはカードローンやキャッシングを頼ってみても良いかもしれません。

専業主婦は消費者金融での借り入れが難しい!

専業主婦は消費者金融から、ローンやキャッシングでの借り入れが困難であるとされています。

それは、専業主婦が基本的に安定した収入を得ていないためです。

無担保で貸し付けを行う貸金業者は、基本的に利用者本人の返済能力を信用して融資を行っています。

消費者金融は審査で利用者の返済能力を計る

貸金業者にキャッシングを申し込むと、必ず審査が行われます。それは銀行であろうが消費者金融であろうが関係ありません。

では貸金業者はこの審査で何を計っているのでしょうか。それは、利用者の返済能力です。
カードローンは無担保で貸し付けを行う金融商品です。その代わり貸金業者は利用者の返済能力を信用して融資を行います。

そのため貸金業者は契約前の審査の時点で利用者の返済能力を確かめるしかありません。

総量規制が大きな壁になる

消費者金融は総量規制の影響を受けます。総量規制とは利用者が返済能力を超えた借り入れをしないように定められたルールで、これにより消費者金融は消費者の年収の1/3を超えた融資ができなくなっています。
つまり、専業主婦は本人に収入が無いために、消費者金融の審査を受けることすらできません。

しかし、旦那が収入を得ている専業主婦には、実質的には「継続的な返済を行う能力がある」と言えます。そのため、特定の条件を満たせば消費者金融を利用できるのです。

リスクを伴う”配偶者貸付”

個人的な所得がない専業主婦でも、配偶者貸付という制度を利用すれば、消費者金融のカードローンを利用できます。これは専業主婦/主夫が消費者金融を利用する、唯一の手段です。
もちろん、自分で働いている人と違い、配偶者貸付を利用したキャッシングにはいくつかのハードルと制限があります。

配偶者貸付とは
配偶者貸付とは、仕事をしていない専業主婦/主夫が消費者金融を利用するための制度である。【利用条件】
☑配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類を提出する
☑配偶者の年収を証明する書類を提出する【利用制限】
☑配偶者が借入をしている場合、その金額と合算した借入金額が、配偶者の年収の1/3を超えてはいけない
参考:日本貸金業協会

注目すべきは、配偶者の「同意書」が必要な点です。つまり、専業主婦は旦那に内緒で消費者金融を利用することができない、ということになります。
また、同意書を用意するのに数日以上かかるので、即日融資は基本的にできません。

そもそも、大手の消費者金融はあまり配偶者貸付を行っていないので、メジャーな借入方法とは言えないでしょう。

最もオススメなのは銀行カードローンの利用

安心してカードローンを利用したいなら、配偶者貸付よりも銀行カードローンに申し込むのが現実的でしょう。というのも、銀行は総量規制の影響を受けないので、返済能力を証明できれば専業主婦でも借入できるのです。
利用条件に「専業主婦は利用不可」とある銀行カードローンもありますが、ほとんどの場合で申込みができます。

旦那に一定の収入があればOK

本人に収入が無い専業主婦でも、旦那(配偶者)に一定の収入があれば問題なく審査を受けられます。そして、審査の過程では、その旦那の収入証明書を提出する必要がある場合があります。

ただ、中にはそういった収入証明書を提示することも無く、低い限度額に設定するなら借入ができるという現行系のカードローンも存在しています。

銀行カードローンなら旦那の同意書も不要

配偶者貸付は旦那に内緒で利用できない制度ですが、銀行カードローンは違います。総量規制が関係ないので、わざわざ同意書を提出する必要がないのです。
しかし、カードローンについて少しでも調べた専業主婦なら、在籍確認についても不安ではないでしょうか?実は、この点についても専業主婦なら安心してカードローンに申込めます。

旦那に対しては基本的にバレることはない!

しかし、専業主婦がローンやキャッシングを申し込んだ場合、基本的に旦那に対して在籍確認がなされることはありません。

専業主婦が生活できている以上、旦那の収入はある程度安定していると見なされるので、在籍確認を行う必要が無いのです。

特に楽天銀行スーパーローンなら、限度額が50万円までしか設定できないかわりに収入証明書の提出が不要になっています。
旦那に収入証明書を用意してもらう必要が無いなら、こっそり内緒で借り入れできる可能性は非常に高いと言えるでしょう。

即日融資を受けたいなら注意点がある!

専業主婦の方はそもそもローンを組んだりキャッシングしたりするのが難しいものです。銀行であれば専業主婦でも借りられる金融商品もありますが、そこにはひとつ欠点があります。

銀行の審査というものは、総じて時間が掛かってしまうものなのです。
つまり即日でローンを組んだりキャッシングをしたり、申し込んだその日に借り入れをするのは非常に難しいと言えるでしょう。

手持ちの銀行口座から逆算して申し込み先を決める!

即日で銀行カードローンを利用するためには、初回の借入を銀行振込で行う必要があります。ほとんどの銀行には、ローンカードを即日発行するシステムが無いからです。

そのため、申し込み先は「自分が振込融資を受けやすいカードローン」にしなくてはいけません。具体的には、自分が利用している銀行口座から逆算して、申し込み先を決定しましょう。

じぶん銀行口座を持っているならじぶんローン、楽天銀行口座を持っているなら楽天銀行スーパーローン、といった具合です。

必要書類の準備を忘れずに!

審査そのものにかかる時間は、利用者側からどうこうできる問題ではありません。
しかし提出が必要な書類に不備があっては、その時点で一定の時間ロスが生まれてしまいます。

即日でローンを組むなら、申し込んだその日にキャッシングしたいなら、必要書類は予めしっかり準備しておきましょう。

どの銀行に申込んだとしても、本人確認書類(免許証や保険証、パスポートなど)は必ず提出が必要になります。収入証明書は基本的に不要ですが、身分証明書は必ず用意しておいてください。

まとめ:専業主婦でも内緒で即日借り入れしたい場合は準備万端で銀行に申込!

専業主婦でもローンを組みたい、キャッシングしたい。しかし収入が無い専業主婦の借り入れが難しいというのは事実です。

それでも銀行であれば、専業主婦でも借りられる金融商品があります。即日融資は銀行で借り入れをする以上少し難しくなりますが、申し込みがスムーズになるよう準備はできます。
専業主婦だけど内緒でこっそり即日借り入れしたい、そういう場合は何よりも事前の準備が重要になってくるのです。

収入証明不要のカードローンで即日融資を目指す際に必要となる条件

即日融資(即日キャッシング)とは、申し込みをした日のうちに審査から借り入れまでを行うという意味のキャッシング用語です。
即日融資はどんな貸金業者においても「確実に対応してもらえる」という保証はありません。そのためハードルを高く感じてしまう人もいるのではないでしょうか。
しかしポイントさえ抑えておけば、即日融資の達成そのものは決して難しくはないのです。
今回は即日融資を目指すうえで絶対に抑えておくべき、必要書類に関する基本知識をレクチャーします。

即日融資を目指すには簡単に準備しておく必要がある

即日融資はスピード勝負です。審査時間については貸金業者や利用者の属性(雇用形態や業種、債務状況など総合的な返済能力)にもより個人差があります。
しかし申し込みや借り入れに要する時間については、利用者の努力や準備次第である程度短縮が可能です。

本人確認書類は必須

お金を借りるためには貸金業者に審査を申し込む必要があります。その申し込みの過程では、必ずと言って良いほど「書類提出」という工程が発生するのです。
その必要書類のひとつである「本人確認書類」は、基本的には必ず提出が必要になります。

本人確認書類

  • ◇運転免許証
  • ◇健康保険証
  • ◇パスポート

本人確認書類として認められているのは以上のようなものなどです。準備をしておきましょう。

実は基本的に収入証明は不要

どこに申し込むのか、そしてどの程度の金額の即日融資を希望しているかによって変わりますが、必要書類の中でも本人確認書類と違って収入証明は不要なことが多いです。
収入証明書類とは収入状況の裏付けとして提出が必要になるもので、以下のようなものがそれにあたります。

収入証明書

  • ◇源泉徴収票
  • ◇確定申告書
  • ◇税額通知書、所得(課税)証明書
  • ◇直近の給与明細書
  • 収入証明を求められた場合は、これらの書類の写しを提出すれば問題ありません。
    必要でないケースの方が多いのですが、もし求められたりしたら簡単に用意できない書類ばかりのため面倒くさいですよね。
    以下では収入証明不要となる条件について、消費者金融と銀行の場合でそれぞれ確認していきましょう。

    消費者金融:少額の即日融資には収入証明不要

    消費者金融で即日融資を目指す場合、少額の借り入れを行うだけであれば収入証明不要となります。
    消費者金融には審査が早いという特徴があるので、即日融資の可能性そのものは非常に高いと言えます。
    しかし金利が高く利息の負担は大きいので、収入証明不要となることを考えても、基本的には少額の即日融資を目指した方が良いでしょう。

    50万円以下の希望額なら収入証明不要

    収入証明不要のまま消費者金融でお金を借りる場合の「少額」とは、具体的にどの程度の金額を言うのでしょうか。
    それは、他社借入が無い場合は「50万円以下」の融資です。
    他社借入が無い人が消費者金融で即日融資を目指すなら、50万円までは収入証明不要となります。

    他社借入と希望額の合計金額が100万円以下でも収入証明不要

    では他社借入がある人が消費者金融で即日融資を目指す場合、いくらまでなら収入証明不要となるのか。
    それは「他社借入金額と融資希望額の合計が100万円未満」となる場合に限られます。
    つまり他社借入金額が50万円を超えていると、これから申し込む消費者金融においては、収入証明書類を出さないと50万円以上の限度額を設けてもらえないのです。
    しかし即日融資というのは、一般的にキャッシングカードやローンカードを持っていない人が目指すものです。
    他社借入がある人なら、すでに契約している貸金業者で追加融資を申し込む方が現実的と言えるでしょう。
    消費者金融で即日融資を目指す場合、基本的には「50万円の借り入れまでは収入証明不要」と思っておきましょう。

    銀行:300万円以下の即日融資には収入証明不要

    銀行カードローンで即日融資を目指す場合、基本的には「300万円を超える希望額」にならない限り、収入証明不要の即日融資を目指せます。
    銀行カードローンというのは消費者金融よりも審査に時間がかかりがちなので、一般的にあまり即日融資に向いていないとされています。
    しかし昨今では審査時間の短縮に精力的な銀行カードローンも増えてきているので、消費者金融ほどとは言えないまでも、早い時間に申し込めば十分即日融資を目指せるでしょう。

    他社借入に関係なく300万円以下の融資希望なら収入証明不要

    消費者金融と違い、銀行カードローンの「収入証明不要となるかどうか」の条件に他社借入は関係ありません。
    300万円を超える借り入れ希望にならない限りは、基本的に銀行カードローンでは収入証明不要のまま即日融資を目指せるのです。
    ただし、どのようなケースでも基本的に本人確認は必要となるので、免許証くらいは提出の用意をしておいた方が良いでしょう。

    他社借入があると即日融資の可能性は下がる

    早い時間に申し込めば即日融資の可能性があるとはいえ、やはり銀行カードローンの審査は消費者金融ほどスピーディーに終わりません。
    他社借入があるとそれだけで利用者の属性は悪化するので、たとえ収入証明不要で申し込めても即日融資の可能性は低くなると言えるでしょう。
    また他社借入金額によっては審査落ちの可能性すらあるので、基本的に銀行カードローンは債務状況がクリアなときに申し込んだ方が良いのです。

    即日融資に適した金融機関はココ!

    では、具体的に即日融資に適した金融機関を紹介します。消費者金融の大手は基本的には即日融資に対応していますが、その中でも特にスピードに長けた「プロミス」と「アイフル」を紹介します。

    プロミスは早さも安さも万能

    プロミスは消費者金融の中でも金利が少しだけ低く設定されていて、それでいて即日融資にも対応しています。
    審査は最短30分で、土日でも即日対応が可能です。もちろん、50万円までの融資なら収入証明書は不要です。
    とにかく早く借りたい、今すぐお金が必要という場合は、プロミスの利用を検討してみましょう。公式サイトへ

    アイフルも早さには定評あり

    消費者金融大手のアイフルも、融資までの早さでは負けていません。
    全国に多くの店舗を構え、非常に高い成約率を誇ります。特に女性の利用者数が多く、サービスの質の高さがうかがえます。近くに無人契約機があれば、即日でお金を借りられる可能性はぐっと高まるでしょう。
    こちらも50万円までの融資なら収入証明書は不要です。

    少額借入なら基本的にどの貸金業者でも収入証明不要で即日融資を目指せる

    即日融資というのは「緊急で今日中にお金が必要になった」という場面でこそ必要となるものです。
    そんな緊急時には、すぐに必要書類を用意できないかもしれません。本人確認書類は免許証や保険証でも事足りますが、収入証明書は間に合わないというケースもあるでしょう。
    しかし消費者金融でも銀行カードローンでも、少額の借り入れ希望なら基本的にどこでも収入証明不要で即日融資を目指せます。必要書類の中でも用意が難しい収入証明書類が不要となるのは、いざという時にとても助かりますよね。
    他社借入がある人はそちらで追加融資を希望するのが現実的ですが、新規の契約で即日融資を希望するなら、融資希望額の多寡で申込先を選ぶというのも必要でしょう。

    カードローンを利用する人が来店不要のキャッシング実践する絶対条件

    カードローンで来店不要のキャッシングをするには何に注意が必要でしょうか。今回はネットバンクの銀行カードローンで来店不要のキャッシングを行ったTさんからお話を伺いました。

    いくつかのポイントに注意すれば、来店不要の即日融資だって可能です。いざという時に備えて、ここで確認しておきましょう。

    来店不要でカードローンを利用したい…!!

    来店不要でカードローンを利用したいという声は、皆さん絶対お持ちのはずです。

    やっぱりカードローンを利用する際に、「誰かと話す」こと自体、あまり好ましくありませんし、仕事で忙しい場合など時間がとれない…ということも考えられますよね?

    そういった時に考えられるのが、「来店不要でカードローンを借りる方法はないのか?」ということです。

    自分のタイミングで、誰にも会わずにカードローンを利用できれば、それに越したことはないでしょう。

    来店不要には「WEB」が鍵を握る!

    来店不要でカードローンを利用するには、「WEBでのネット申込」がポイントになります。

    金融機関では各社ホームページで、WEBでの申込が可能となっています。

    今回は、実際にTさんが体験した来店不要の方法をご紹介していきます。

    来店不要でキャッシングした『和歌山県在住 Tさん』

    【利用者のプロフィール】
    名前:Tさん
    住所:和歌山県
    性別:男性
    年齢:32歳
    職業:会社員(派遣社員)
    借入金額:7万円
    他社借入状況:0件
    利用期間:2014年12月~2015年6月

    利用目的

    Tさんは和歌山県で一人暮らしをしています。家賃や光熱費も自分で支払っているのですが、出費が重なり年末に帰省するための資金が不足してしまいました。

    「両親もお金に余裕があるわけではないので、自分で何とかしようと思いました。クレカのリボ払いより金利がお得なので、銀行カードローンに申し込みました」

    ◆こだわったポイント:来店不要のキャッシング

    両親に迷惑をかけないようにとキャッシングを決意したTさん。しかし返済時の負担をなるべく抑えるための、以下のポイントにこだわりました。

    ◇低金利で利用できる

    「すぐに返済できる額ではなかったので、低金利のカードローンにこだわりました。また周囲に無人契約機や店頭窓口も無かったので、来店不要でキャッシングできるカードローンを探しました」

    Tさん『ネット申込みすれば来店不要だった』

    来店不要でキャッシングできれば理想的、そういった思いもありつつ口コミを見ていたTさんは、どの銀行カードローンもネット申込みすれば来店不要になると気づきました。

    「どのカードローンも、ネット申込みすれば来店不要でキャッシングできると知りました。中でもネットバンクの銀行カードローンなどは、そもそも店頭窓口や無人契約機が無く、基本的に来店不要でした」

    来店不要だとカードは郵送受け取り

    無人契約機があるカードローンなら契約後にそこで発行できます。しかしネットバンクの銀行カードローンなどは来店不要のキャッシングしか選択できないので、カードは必然的に郵便受け取りになります。

    「カードが届くころにはもう帰省している時期なので、振込キャッシングを利用しました。結局本当に受け取れたのは正月明けですね」

    郵送や電話での申込でも来店不要

    Tさんが利用したカードローンはネット申込みしか利用できませんでしたが、他カードローンの場合だと郵送や電話での申込でも来店不要のキャッシングができます。

    しかしもっともオススメの来店不要な申込み方法は、やはりネット申込みと言えるでしょう。自分のペースで申込めるので気が変わったらキャンセルできますし、疑問点をネット検索で調べながら進めることも可能です。

    即日融資を望むなら来店不要の申込みと無人契約機を併用しよう

    もし即日融資を目指しているなら、来店不要の申込み方法と無人契約機でのカード発行を併用してください。

    銀行の営業時間内であれば振込キャッシングで来店不要の即日融資も可能ですが、やはり可能性を上げるには無人契約機でカードを発行し、最寄りのコンビニATMなどでキャッシングするのが一番確実です。

    Tさん「ネットや電話でカードローンに申込めば来店不要のキャッシングができる」

    カードローンには様々な申込み方法が用意されているものですが、窓口や無人契約機を利用しなければ基本的に来店不要の申込みが可能です。

    そして銀行の営業時間内にすべての工程が終われば、来店不要の即日融資だって目指せてしまうのです。

    「私は即日融資を希望していたわけではありませんが、結果的には振込キャッシングでそれを実現できました」

    カードローンで引き出したお金で帰省し、久しぶりに両親とゆっくり過ごせたTさんは満足気でした。

    「基本的にカードローンは来店不要で利用できるものみたいですね。銀行系なら特に低金利ですので、時間がある人はそちらがオススメです」

    まとめ

    来店不要でカードローンの申込をするなら、ネットで申込をすることが重要になります。

    ネットであれば、誰とも会わずにカードローンを利用できますし、時間がない時でも申込をすることができます。

    例えば、電車の中でも、会社の昼休憩でも申込ができるということです。

    来店不要で、カードローンに申込をしたい方は、ぜひ参考してください。