在籍確認なしで借りれるカードローンはある?|面倒な電話を回避する方法

  • ✓在籍確認なしで借りれるカードローンはある?
  • ✓在籍確認でバレることはあるの?
  • ✓在籍確認の電話を回避したい!

カードローンに申込みをする際に、在籍確認を不安に思う人は多くいます。
「同僚にバレたら…」というような不安から、カードローンの利用を躊躇っている人もいるのではないでしょうか。
この記事では、在籍確認がなぜ行われるのか。どうしたら職場への電話を回避できるのか、紹介します。

在籍確認なしで借りれるカードローンはない!

カードローンを申し込む際、敬遠されがちな在籍確認の電話。
基本的に在籍確認なしで借りられるカードローンはありませんが、電話が来て会社の誰かに知られるのを恐れる人や、噂になったらどうしようと不安な気持ちになり、申し込みを諦める人もいるそうです。
ただひとつ知っていてほしいのが電話以外の方法もあるという点です。在籍確認自体は残念ながら必須事項なので回避することはできません。
また、在籍確認がないカード会社があったら逆に疑ってください。なぜならそこは闇金融だからです。

在籍確認は勤務実態を把握するために行われる

そもそもなぜ在籍確認があるかというと、その理由は単純です。融資をする人の勤務実態を把握するためです。
確認がないと嘘がつけるので返済能力のない人にも融資してしまうといったリスクが起こり得ます。また最近では詐欺目的で申し込みをしてくる人がいるため未然に防ぐための手段でもあります。
貸す側からしてみれば当然の事ですが、相手の信頼性や安定した収入があるかなど、これら確認のために行っています。

会社への電話連絡が一般的な方法

一般的に在籍確認はお勤め先への電話連絡で行われます。これは時間がかからず、手っ取り早く確実にできるのが理由です。
ただ別のやり方もあるのは意外に知られていません。書類提出によって取れる在籍確認もあります。
ただしこれには時間がかかるため、融資までの期間も長引くことになります。よって多くのカード会社では電話連絡以外での確認は受け付けないことが多いのです。
またカード会社によっては、申し込み時は書類提出でよいといいつつ、後になって電話確認が必要です…といったケースもあります。

在籍確認の電話で同僚にバレるケースはほとんど無い理由

在籍確認の電話が原因で会社や同僚にバレる心配はまずありません。なぜかというと、カード会社も電話連絡の際に色々と配慮をしてくれるためです。
よくある在籍確認での不安要素

  1. 電話に出るまでしつこくかかってきそう
  2. 社名を名乗られることで一発でバレそう
  3. 長々と会話をさせられることで会社の人に勘づかれそう

このような心配があっても下記を参照すれば不安を取り除くことができます。カード会社側も、よく考慮された方法での確認を心がけています。

理由1:本人が電話に出る必要がない

勤務先へ確認の電話がかかってきた場合、本人が電話に出る必要はありません。あくまで在籍しているかどうかの確認なので別の誰かが電話に出ても構わないのです。
「今、席を外しています」「今日は休日なのでいません」といった風にその会社に在籍していることの確認が取れれば問題ありません。
もしも自分で出る方が都合がよいのであれば予めカード会社の担当者と相談をして時間を決めておくこともできます。それくらいの配慮はしてくれるところが多いので安心してください。

理由2:カードローンと名乗ることがない

カード会社では在籍確認の電話でカード会社であることを名乗ることはありません。自分の個人名を名乗った上で「〇〇と言いますが、〇〇さんはいますか?」と電話をかけてきます。
このように会社名や金融機関名を名乗らないで担当者の個人名でかけてくるのが一般的です。
もしも勤務先の誰かが要件を尋ねたとしても「携帯にかけたけど繋がらなかったので…」と配慮のできた対応をしてくれます。担当者によって口調も異なりますが、カード会社だとバレることはありません。

理由3:電話自体は1分~2分で終わる

在籍確認の電話に出た場合、カード会社では本人以外の人が電話に出たときに社名は名乗りませんが、本人がでたときは「〇〇(社名)です。このたびはお申込みありがとうございました。確認のためお電話いたしました。確認が取れましたので以上になります。」と在籍確認が取れた旨を伝えます。
これで電話確認は終わりです。時間でいうと1~2分程度でしょうか。
質問することもなく長々と会話をすることもありませんので、勤務先に怪しまれることはないでしょう。

在籍確認に関する注意点

在籍確認の注意点として以下に当てはまる人は参考にしてください。
派遣会社に登録をしていてカードローンの申し込みをする人には、まだ登録して日が浅いという人が多いそうです。それゆえ審査や在籍確認に不安がある人も多い様子。
「派遣先に電話がかかってきたらどうしよう、別の派遣先に電話がきたらどうしよう。」そんな不安があるかも知れません。
また電話は申告をした番号にカード会社が必ず確認のためにかけるので嘘をつくのはNGです。

派遣社員の場合は、登録先に電話がいく

派遣会社に勤務する人の場合、在籍確認は派遣先か、派遣元か?と疑問を感じる人もいると思います。
一般的に電話がいくのは派遣元の会社です。
派遣先への連絡だと、勤務先の変更がよくあるので確認が取れにくく時間もかかってしまいます。
最近は派遣会社で働く人が増えているため、この様なケースでの対応もカード会社は心得ています。
また私用電話が禁止のところもありますが、この場合は給料明細など書類による提出確認をしてくれるので安心してください。

嘘の内容を申告すると審査落ち

在籍確認の電話がイヤだからといって嘘の番号を申告してはいけません。
適当な考えで、前に働いていた職場の番号や退職したばかりの会社の番号を教える人もいるそうですが、結局ばれますし嘘が原因で審査に落ちます。
また申告された部署が違ったりするのもよくありません。
在籍確認に限らず信用に関わることなので常に正直であるように心がけてください。
たまたま単なる番号間違いといったケースもあるので今の自分の職場の電話番号はしっかり確認しておくようにしてください。
そして相手側にも正しく伝えるよう努めましょう。

面倒な電話を回避する方法

「在籍確認の流れは解ったけどやっぱり不安」
「できることなら電話での在籍確認は避けたい」
おそらく、そんな風に感じている人もたくさんいることでしょう。紹介した通り、カードローンは在籍確認なしで利用することはできません。
では、どうしても在籍確認が不安な場合に、何かできる方法はないのでしょうか。

電話連絡は相談すれば回避できる可能性もある

普段、自分宛ての電話が掛かってくることのない仕事をされている人は、在籍確認の電話はどうしても避けたいでしょう。
アコムやプロミスといった大手消費者金融は、相談すれば電話連絡を別の方法に変えてくれる可能性があります。
申し込みをした後は、申し込み確認の電話があるので、そのタイミングで相談してみましょう。

まとめ

在籍確認は審査の一環として必要不可欠な項目です。多くのカード会社では、仮に在籍確認なしを謳っていても後々必要になるケースが殆どです。
これは公式HPなどで確認できますが「場合によっては必要に…」といった注意書きなどで記載されています。つまり、何らかの理由をつけて結局は確認に踏み込む姿勢がみられるのです。
申し込みをしてしまってからでは どうにもできずに従うしかない状況になってしまいます。どうしても電話がNGだという人は、SMBCモビットのWEB完結を利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です